旅行も買い物も使いかた次第

国内・海外問わず、旅行に行ったときには買い物をすると思います。 高価な商品を買うときもあると思いますが、いざというときに覚えておくと良いのが、クレジットカードについている【保険】です。

その保険は、動産総合保険といい、カード会社によって、
「お買い物安心保険」、「ショッピングガード保険」、
「ショッピング・プロテクション」など呼びかたは異なります。

いずれも同種の保険であり、カード決済で購入した商品が破損したり、盗難、火災などの偶然の事故により損害を被った場合に補償される保険です。
各カード会社により保険の適用対象が規定されていて、海外での買い物のみ適用していたり、支払方法により異なったりします。 保険を適用する際に自己負担がかかる場合もあります。

自己負担に関しては、ほとんどのクレジットカードは3,000円程度ですが、中には1万円というのもあります。  自己負担【無料】のクレジットカードもありますが、無料の中には1万円未満の買い物は適用対象外という規定もあったりしますので、よく確認してみてください。

そのほか、買い物した商品だけでなく、旅行自体に関する保険もあります。

保険がついているカード、ついていないカードがあるので注意は必要ですが、海外旅行保険が【自動付帯】しているカードであれば非常に便利です。  わざわざ空港などで保険に入らずとも、クレジットカードの保険だけで十分な場合もあります。

例えば、KCカードは海外旅行保険が自動付帯となっています。
 ※旅行保険が付くクレジットカードの場合でも、その保険内容を十分確認しておくことをおすすめします。

KCカードの保障内容としては、

[傷害]死亡後遺障害 :最高2,000万円
傷害治療費用 :最高200万円
疾病治療費用 :最高200万円
賠償責任 :最高2,000万円
携行品損害 :最高20万円(免責金額3,000円)
救援者費用 :最高200万円
となっています。

また、海外アシスタントサービスという、海外での怪我や緊急時に電話1本で病院の紹介や保険金の請求手続きなどを日本語で対応してもらえるサービスがあります。

保険の付帯は海外旅行だけではなく、国内旅行に関しても適用されるカードもあります。
 ※利用付帯が多いです。

旅行に行く際に、保険付帯のクレジットカードを1枚持っているだけでとても安心できます。 現金を多く持ち歩く必要もなく、買い物でのクレジットカード利用でポイントもしっかりためられますので、賢い使いかたとなるでしょう。



詳細